ホクロなどは小さな白いシールなどで隠して

脱毛器でうなじ周辺のムダ毛を抜くためには一人ではなく他の人に手伝ってもらう必要があります。

一人で脱毛器を使用してうなじの脱毛をすることは光の重複によって肌を傷めてしまう可能性があります。
照射にむらが出来ないようにするためには二人で行うことが前提となります。

うなじにあるホクロなどは小さな白いシールなどで隠しておくと 脱毛器をスムーズに扱うことが出来ます。


うなじは皮膚が敏感

まず保冷材などで脱毛する部位を冷やした後、ホクロを避けながら弱い光の照射から始めて徐々に上げていき、最終的にはかなり強い光にしないとムダ毛は脱毛できません。

照射の重なりは肌への負担となりますので、出来る限りかさならないように注意をするべきです。

光脱毛器で完璧にうなじの脱毛をするには何度か繰り返さなければなりません。
うなじ部分は光脱毛器を使っても完全にムダ毛を無くすまではかなりの時間がかかるので、長期間にわたり脱毛をすることを理解したうえで作業をしなくてはいけません。

うなじは皮膚が敏感なのでエステでもデリケートゾーンに区別されています。
脱毛器を間違った使用法で作業してしまうと、肌のトラブルになる危険性があります。

家庭用の脱毛器でのむずかしいポイントは脱毛ムラが出来てしまうことです。
範囲がずれた状態で照射してしまったり、同じ範囲に照射してしまうと肌へのストレスが増えてしまいます。
これを防ぐためにはきちんとヘッドを脱毛部位に当てるということが重要になります。

自分で処理しきれない部分は脱毛サロンを利用するという手もありますね。
顔脱毛サロンナビ〜効果・口コミ・料金比較で失敗しないサロン選び〜 はこちらから